『 LGBTの方と相続 』
0

    JUGEMテーマ:LGBT

     

     

    東京・江東区にある「ブルーオーシャン・カフェ」さんでのセミナー、

     

    https://blueoceancafe.tokyo/

     

    『 LGBTとALLYのためのHappy Ending Cafe  』。

     

    全6回のうち、第3回目。

     

     ” パートナーが万が一のとき 困らないよう

     

           お互い備えよう 法律5点セット

     

                   〜 遺言や認知症対策など 〜  ”

     

    司法書士の渡辺由希子さんがセミナーを担当。

     

     

    **************************************************

     

    大切なこと、

     

    それは、

     

    日本では、

     

    パートナーは、

     

    配偶者・親族・相続人としての法的権利は

     

    認められていないということ。

     

    また、社会的にもまだ、認知度は低く、

     

    2人にとって、不都合なことが多いということ。

     

    そのため、

     

    いまある制度をどのように使って、

     

    自己防衛をしてゆくか?

     

    これが、2人を守る上で大切なこと。

     

    ***********************************************

     

    4つの書類

     

    (* 渡辺さんは5点セットをお話していました)

     

    同性パートナーシップ合意契約書

     

    医療事前指示書

     

    任意後見契約

     

    遺言書

     

    この4つの書類(最低限)を公正証書で作成するのが

     

    同性カップルの生活を守ることになるのではないでしょうか?

     

    4つの書類について、

     

    今回のブログでは、ひとつひとつ、

     

    くわしくは説明をしません。

     

    理解ある行政書士や司法書士に依頼して、

     

    士業の方とパートナー2人といっしょに

     

    つくりこんでいくのがいいでしょうね。

     

    それでも、100%安心とまではいきません。

     

    さまざまな問題に出くわすでしょうが、

     

    できることを少しずつでも準備しておきたいですね ♪

     

    理解ある専門家にご相談を。

     

     

     

    **********************************************************

     

     

    終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

     

    http://www.lifeiswonderful.link/

     

    「LGBTの方のライフエンディング」をサポートしています。

     

    ご相談はお気軽にどうぞ。

     

    メール:message@lifeiswonderful.link

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 立石 浩一 | セクシュアル・マイノリティ | 12:46 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 12:46 | - | - |