高齢者のペット問題
0

    JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし

     

     

     

    襖の張替えを手伝う「まるをくん」。

     

    *********************************

     

    『 ペットと暮らすシニア世代の方へ 』という冊子

     

    平成28年2月 発行

     

    東京都 福祉健康局 健康安全部 環境保健衛生課

     

    高齢者のペットの飼育放棄が目立ってきたので

     

    東京都が作成したものです。

     

    ある統計では、(犬を対象)

     

    ★ 保健所や動物愛護団体に持ち込まれた犬:

     

        迷い犬「飼い主不明」⇒ 73.7%

     

        持ち込まれた「所有者放棄」⇒ 26.3%

     

    ★ 「所有者放棄」の理由:

     

         TOPは、「 飼い主の死亡・病気・入院」26.8%

     

    ★ 「所有放棄をする人の年齢」:


         60代 ⇒ 31.5%、

     

       70代 ⇒ 24.8%

     

       60代以上の高齢者が56.3%、半数以上を占めます。

     

    *******************************************

     

    ある方にお話を聴いたことがあります。

     

    ヘルパーさんは、介護保険を使っている以上、

     

    ペットに関することはお手伝いできないということ。

     

    まあ、任意でしていることはあるでしょうが。

     

    ******************************************

     

    高齢者のペットの問題

     

    高齢者の飼育放棄

     

    高齢者が孤独死をした場合の残されたペットのこと

     

    救急や警察等、緊急時に立ち入った際のペットのこと

     

    今回は、,砲弔い峠颪ました。

     

    ペットには何も責任がなく、

     

    家族として暮らしていたにもかかわらず、

     

    そして、飼い主に依存してしか

     

    生きることのできない

     

    弱い立場のペット。

     

    いまのうちに飼い主にできること、

     

    そして、ぼくたちにできることは

     

    いったいなんでしょうか?

     

    ぼくの立場は、

     

    決して、飼い主の立場ではなく、

     

    ペットの立場に立っています。

     

     

    今回の解決策ついては、

     

    自分が高齢に近づいてきたら、ペットは飼わない。

     

    自分の年齢を考え、子犬や子猫ではなく、

     

      保護された10歳近くの犬や猫を飼う。

     

    譲渡先など金銭とともに考えておく

     

    などがあります。

     

    ですが、もっとほかにもあるでしょう。

     

    それぞれの立場で、

     

    できることを考えてゆきたいものです。

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 立石 浩一 | ねこの遺言状 | 10:14 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 10:14 | - | - |