『 おひとりさまの老後 』
0

     

     

     

    『 おひとりさまの老後 』

     

    出版社:株式会社 法研 / 著者:上野 千鶴子 / 平成19年7月発刊

     

    この本の - はじめに - は、

     

    ” 長生きすればするほど、みんな最後はひとりになる " ではじまる。

     

    ねらいは、” 「おひとりさま」を楽しもう ” 。

     

    ただし、” 「おひとりさまの老後」には、スキルとインフラが必要 ” だという。

     

    - 目次 - を覗くと、

     

    ・ どこでどう暮らすか

     

    ・ だれとどうつきあうか

     

    ・ おカネはどうするか

     

    ・ どんな介護を受けるか

     

    ・ どんなふうに「終わる」か

     

    とある。

     

    「孤独」と「孤立」は違う。

     

    「おひとりさま」は「孤独」を楽しみ、

     

    「シングルライフ」を謳歌する、

     

    そのノウハウが書かれている。

     

    そして、最後に

     

    「おひとりさまの死に方5か条」とある。

     

    死んだら時間をおかずに発見されるように、

        密でマメなコンタクトをとる人間関係をつくっておくこと。

     

    遺したら残ったひとが困るようなものは早めに処分しておくこと

     

    遺体・遺骨の処理について、

      残されたひとが困らない程度に希望を伝えておくこと

     

    葬式・お墓について、

        残されたひとが困らない程度に希望を伝えておくこと

        (中略)

      あくまで他人がやってくれることと知るべし

     

    以上の始末が最後までとり行える程度の費用は

      謝礼とともに用意しておくこと

      ひとが動く費用はタダと考えないこと

     

    さて、ざっと、内容に触れてきたが、

     

    「ああ、これって、終活だよな」、って思った。

     

    長い人生を生き、

     

    大なり小なりさまざまな経験をしたのである。

     

    「おひとりさま」を自分の価値観で暮らし、

     

    最期を迎える醍醐味があるじゃないか。

     

     

     

     

    posted by: 立石 浩一 | ぼくの本棚 | 12:16 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 12:16 | - | - |