スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    『 LGBTとALLYのためのHappy Ending Cafe - 医療編 終末期への備え 』
    0

      JUGEMテーマ:LGBT

       

       

      東京・江東区にある「ブルーオーシャン・カフェ」さんでのセミナー、

       

      https://blueoceancafe.tokyo/

       

      『 LGBTとALLYのためのHappy Ending Cafe  』。

       

      全6回のうち、第一回目。

       

       ” 医療編 終末期への備え ”

       

      講師は、医師の吉田絵理子さん(医療)と

       

      エッセイストの木村恵子さん(エンディングノート)

       

      ******************************************************* 

       

      セクシャルマイノリティの方の同姓カップルの場合、

       

      万が一のとき、

       

      「法的家族・親族」と「パートナー」との間に差別が生じ、

       

      「連れ添ったパートナー」が不利益を被ることが多い。

       

      そのための備えを今からしよう。ということだが、

       

      これは、LGBTの方に限らず、「事実婚の方」、

       

      また、すべての方にも共通したことでもあると考えている。

       

      ************************************************

       

      ” 医療 ” では、どのような問題が生じるのだろうか?

       

      救急隊の対応:

       

      同行の許可

       

      症状・状態の説明

       

      病院の対応:

       

      面会の許可

       

      病状の説明等情報提供

       

      手術の同意

       

      最期の立会い(看取り)

       

       

      もし、認められなかったら、どうだろうか?

       

      これほど辛いことはないじゃないのだろうか?

       

      現実に、病院側の対応は、厳しいと

       

      講師の吉田さんは言う。

       

      では、

       

      そのために、「いまできること」とは、なにか?

       

       

      **********************************************

       

      病院側は、本人(患者)の人権・個人情報等を守るため、

       

      本人の意思を確認、承諾を得る必要がある。

       

      しかし、意思表示ができない、もしくは、不明確な場合、

       

      拒否せざるを得ない。

       

      そこで、事前に本人が、承諾をする旨の書面を作成しておき

       

      パートナーの持たせておくことが、

       

      せめてもの「防衛対策」・「準備」となり、

       

      希望を叶えられる可能性がはるかに高くなるだろう。

       

      ただし、法的効力があるというものではない、

       

      ということには知っておきたい。

       

      吉田さんが教えてくれた書面の参考;

       

      ・緊急時面会カード

       

      ・緊急連絡カード

       

      NPO法人パープル・ハンズ

       

      http://purple-hands.net/

       

      ・事前指示書の作成(医療代理人も併記)

               

               (公正証書にて作成がより良い)

       

      上記の「医療代理人」の設定はとても大切。

       

      本人が承諾している人を本の代わりに

       

      病院側の説明を聞く立場をパートナーが

       

      得ることができる。

       

      *************************************************

       

      AD(Advance Directive:事前指示)や

       

      ACP(アドバンス・ケア・プランニング)については、

       

      後日、また、個別に触れていきたい。

       

      ************************************************

       

      あと、親・兄弟姉妹にカミングアウトしていない場合、

       

      問題が起こるでしょうね。(病室などでの面会時など)

       

      言いづらいだろうが、

       

      パートナーへの配慮と思いやりという観点では、必要。

       

      直接言いづらい場合は、手紙を利用するのもよいと

       

      吉田さんは、教えてくれた。

       

       

      ***********************************************

       

      万が一の事前準備は、LGBTの方だけではなく、

       

      すべての方についてもいえること。

       

      「準備」は「安心」につながる。

       

       

      ********************************************

       

       

      終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

       

      http://www.lifeiswonderful.link/

       

      メール:message@lifeiswonderful.link

       

       

       

       

       

       

      posted by: 立石 浩一 | セクシュアル・マイノリティ | 15:18 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:18 | - | - |