スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    「お骨」が溺れる!?
    0

      JUGEMテーマ:葬儀

       

       

       

      愛媛県今治市菊間地方の伝統工芸

       

      「菊間瓦」でできている「骨壺」。

       

      ぼくは、この「骨壺」にとっても惹かれる。

       

      *********************************************

       

      死んだら、焼かれて、骨になる。

       

      骨は、骨壺に納められる。

       

      そして、お墓に入る。

       

      お墓が家なら、骨壺は「部屋」だ。

       

      死んだら、気に入った、

       

      ステキな「部屋」で過ごしたいものだ。

       

      作家「水上 勉」(2004年没)は、

       

      大量生産の味気ない白磁の骨壺には入りたくないと、

       

      自ら工房を作り、蹴り轆轤・手捻り・窯で焼き、

       

      骨壺をつくった。

       

      また、最近では、絵柄つきのデザインされた

       

      磁器の骨壺も多く見られるようになった。

       

      ただ、ぼくの好みは、磁器ではなく「陶器」である。

       

      水上 勉も「陶器」であった。

       

      「陶器」がいい、というぼくも

       

      この「菊間瓦の骨壺」は気に入った。

       

      **************************************

       

      「お骨」が溺れるという話をご存知だろうか?

       

      主に骨壺の内側で発生した「結露」と

       

      雨水による浸水で骨壺に水が溜まる。

       

      「お骨」が水浸しになる、ということ。

       

      ぼくは、最近それを知って、

       

      そんなこともあるんだと、驚いた。

       

      この「菊間瓦」に備わった、

       

      「吸水性」・「排水性」で「お骨」が溺れる、

       

      というなんとも息苦しい自体を防げるそうだ。

       

      ただ、このような「機能性」だけで

       

      「モノ」に魅力を感じる時代ではない。

       

      この「骨壺」には、ストーリーがあった。

       

      *********************************************

       

      この「骨壺」の製作を手がけるのは、

       

      明治12年創業の株式会社 菊銀製瓦さん。

       

      http://www.kikugin.com/index.html

       

      現在は4代目。

       

      ただ、この「骨壺」は、

       

      若き女性の「鬼師」、4代目の娘さんである、

       

      「菊地 晴香」さんの作。

       

      この「骨壺」は、

       

      いぶし銀の重厚さで威厳を感じるものの、

       

      気品も感じられ、

       

      洗練されたデザイン性も兼ね備えた逸品でる。

       

      また、この菊間瓦の骨壺の企画・プロデュースは、

       

      今治市にある「relationship悠(リレーションシップはるか)」さん。

       

      http://yu-haruka.com/

       

      具体的に言うと、

       

      「お骨」が溺れる、という問題と伝統工芸「菊間瓦」を

       

      結びつけたステキなアイデアを

       

      株式会社 菊銀製瓦さんに持ち込んだのは、

       

      「relationship悠(リレーションシップはるか)」代表の

       

      「黒石さとみ」さんだ。

       

      昔ながらの職人気質の世界で、

       

      新しい企画「菊間瓦の骨壺」が実現されるにいたるまでには、

       

      大変な苦労と試行錯誤があったであろう。

       

      ********************************************

       

      このようなストーリーがあるからこそ、

       

      「菊間瓦の骨壺」に魅力を感じるのである。

       

       

      ********************************************

       

       

      終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

       

      http://www.lifeiswonderful.link/

       

      「終活」の相談、なんでもお受けいたします。

       

       

      メール:message@lifeiswonderful.link

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: 立石 浩一 | お墓のこと | 10:04 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 10:04 | - | - |