終活関連団体ビジネス
0

     

    空も透き通る季節になりました。

     

     

    ********************************************

     

    ぼくは、「終活」の関連団体・一般社団法人の

     

    「協会ビジネス」・「検定ビジネス」に

     

    「批判的な立場」をとっています。

     

    でも、

     

    このような団体の経営・運営の側は別として、

     

    その団体に会員として所属または、集うひとたちは、

     

    まったく別の想いでしょう。

     

    知的好奇心・向上心・自らのビジネスへの活用・情報交換。

     

    業界を超えて、仲間ができ、つながることができる。

     

    望みを満たすことができる。

     

    もちろん、ぼくも、そのひとりです。

     

    3大団体。(ぼくがそう思っています)

     

    「終活カウンセラー協会」・「供養コンシェルジュ協会」・「終活協議会」。

     

    満足いかず、ほかの団体にも所属した人。

     

    知的向上心で、複数の団体にも所属した人。

     

    活動の場を広げるために、複数の団体にも所属した人。

     

    それぞれあるでしょう。

     

    所属しただけでは、何も変わりません。

     

    上級資格を取得しても、収入は「変わりません」。

     

    でも、その人の「意識」は、変わります。

     

    そこに、団体の意義はあると思っています。

     

    facebookで、「終活」の活動をしている人の

     

    うれしそうな記事を読んでいると、そう感じます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 立石 浩一 | 終活 | 23:28 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 23:28 | - | - |