スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    『 骨壺の話 』
    0

       

       

      「終活」に関わる方に、ぜひ読んでいただきたい1冊。

       

      『骨壺の話』水上勉著・集英社文庫 1998年

       

      小説家・水上勉さんの短編随筆集です。

       

      ****************************************

       

      大量生産の白磁の味気ない骨壺。

       

      「なぜに、苦労多い人生を果てたのに、

       

      オリジナルな壺に入って、楽しまないのだろうか」。

       

      そう思い、リウマチで動かなくなった

       

      左指3本のリハビリを兼ねて、

       

      蹴り轆轤・手びねりで骨壺づくりをはじめたそうです。

       

      いまでは、水上さんの骨壺は高額で取り引きされ、

       

      著名人も購入しているとか。

       

      蓋に草亀をあしらったものと

       

      白玉椿をあしらったものの2種類があり、

       

      どちらも出身地の「若狭」への想いがこめられているそうです。

       

      原発開発に伴って、草亀も白玉椿もいなくなったと書きます。

       

      「私の故郷は十五基も原発が稼動する若狭だが、

       

      そこに住む人々は、生死の境目をつねに意識していて、・・・略

       

      どこへいって地震国、...略...故郷を愛しています。

       

      ここにしか住むところがありませんから」という。

       

       

       

       

      「死ぬこと生きること、とは、

       

      いま、お前の立っている場所のことだ」。

       

       

       

      天安門事件を目撃し、

       

      救援機で帰国した翌朝、水上さんは、

       

      心筋梗塞で倒れ、心臓の3分の2が壊死。

       

      しかし、10000人に1人という奇跡の生還。

       

       

       

      「死神はうりろからきて、冥界へひっさらってゆく。

       

      うりろからでは、予防しようもない」。

       

       

       

      倒れた際のこと、その後の入院生活、薬漬けになった体験、

       

      ほかにも水上さんの活動のお話など盛りだくさんです。

       

       

       

      「生き方」・「活き方」・「逝き方」が

       

      水上さんの美しい文章で織り込んである魅力ある1冊です。

       

       

       

       

      「毎日、寝る前に死ぬことにしている。

       

      一日が元気で無事におくれたら、それでもう満足である。

       

      あとは死ぬがいい。

       

      すなわち私のベッドが棺おけである。

       

      まっ暗の中で、声をだして誰にともなくいうのである。

       

      さようなら、みなさん」。

       

       

       

      **********************************************************

       

       

      終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

       

      http://www.lifeiswonderful.link/

       

      「エンディングノートの書き方」をサポートしています。

       

      ご相談はお気軽にどうぞ。

       

      メール:message@lifeiswonderful.link

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: 立石 浩一 | ぼくの本棚 | 10:18 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 10:18 | - | - |