スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    本当に「終活」は必要か?
    0

      JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など

       

       

      先日、父の三回忌を行った。

       

      父は、脳内出血で夜中倒れ、

       

      10日後、亡くなった。

       

      そのあいだ、目を開けることもなく、

       

      話を交わすこともなかった。

       

      「突然の死」である。

       

      倒れる当日、

       

      朝から小雨が降っていた。

       

      昼ごろ、小雨の中、

       

      大好きなタバコを買いに、

       

      歩いて5分ほどのスーパーに出かけた。

       

      そこで、「エコー」と

       

      これまた、大好きな「お稲荷さん」を

       

      買ってきたという。

       

      本人も、一緒に暮らす母もまさか、

       

      その日の夜中に倒れるなんて思っちゃいない。

       

      道行く人、通り過ぎる人、お店の店員、

       

      この老人が、

       

      この日の夜中に倒れ、

       

      10日後に死ぬことになるなんて

       

      当然のことながら、

       

      誰一人考えもしなかった。

       

      「突然の死」の訪れである。

       

      死神がそっと後ろから近づき、

       

      さっと、さらってゆく。

       

      終活に関わる人間は、

       

      「死は突然訪れる。

       

      だから、今のうちに終活をしましょう」

       

      といって、語り、セミナーを開く。

       

      でも、本当に「終活は必要なのか?」

       

      ぼくも終活に関わる人間。

       

      しかし、そのような「致命的な考え」が浮かんでくる。

       

      父は、「終活」には無縁の人間だった。

       

      しかし、本人はなんにも困らず、

       

      家族も困らなかった。

       

      「終活は、今をよりよく生きること」をいう。

       

      父は、たしかに「今」を生きていた。

       

      広義の意味では、これも「終活」か。

       

       

      **********************************************************

       

       

      終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

       

      http://www.lifeiswonderful.link/

       

      「終活」のご相談、お受けしています。

       

      ご相談はお気軽にどうぞ。

       

      メール:message@lifeiswonderful.link

       

       

      posted by: 立石 浩一 | 終活 | 13:56 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 13:56 | - | - |