終末期医療の『 事前指示書(アドバンス・ディレクティブ) 』
0

    JUGEMテーマ:緩和ケア

     

     

     

     

    終末期医療(人生における最終段階の医療)について。

     

    いま、終末期医療について考える際に、

     

    「事前指示書(アドバンス・ディレクティブ)」と

     

    「アドバンス・ケア・プランニング」の

     

    2つのキーワードがあります。

     

    今回は、「事前指示書」について触れてゆこうと思います。

     

    「事前指示書」とは、

     

    終末期医療の治療方針やその医療代理人の選定を

     

    書面に書き記したもの。

     

    もう少し詳しく言うと

     

    「昏睡状態や重度の認知症などで

     

    自分自身で意思表示ができず、

     

    医療行為について、意識がはっきりしているうちに

     

    受けたい医療行為、または受けたくない医療行為を

     

    表明しておくこと」。

     

    ぼくは、この「事前指示書」は事前に準備したほうが良いと考えています。

     

    書き記すためには、「医療の知識」は、不可欠となります。

     

    また、家族など、親しい人、大切な人との共通認識は、必要です。

     

    事前にお互いで話し合っておくこと。

     

    もちろん、「気が変わること」もあるでしょうから、

     

    内容の定期的な見直しも大切です。

     

    さて、

     

    この「事前指示書」、医療・看護・介護側は、

     

    どう捉えているのでしょうか?

     

    **************************************

     

    『 人生の最終段階における医療関す意識調査 』

     

    という厚生労働省の報告書あります。

     

    人生の最終段階における医療 の普及・啓発在り方に関する検討会

     

    平成 30 年 3 月


     

     

    質問;

     

    ★ あなた(あなたの施設)は、担当される死が近い患者の医療・療養について

     

      本人と十分話し合を行っていますか?


    ※患者の意思が確認できない場合は、

     

     本人に基づて 家族等と話しあっていますか。

     

     ⇒ 患者本人との話し合いを「十分行ってる」・ 「一応行っている」の合計

     

       医師 65.1% / 看護師 61.3% / 介護職員  55.7%

     

       病院 87.5% / 介護老人福祉施設 94.1% / 介護老人保健施設  89.4%

     

     

    ★ あなたは患者が医療・療養の選択について

     

      意思決定できなくなった場合に備えて、どのような医療・療養を受けたいか

     

        あるいは受けたくないか、かわりに誰に意思決定してもらいたいか

     

        あらかじめ記載する書面(事前指示書)を用いることを勧めていますか。

     

        ⇒ 事前指示書の利用状況について

     

       「特に書面は用いていない」

     

       医師 52.9% / 看護師 50.5% / 介護職員 43.2% と最も多い。

     

       病院 49.0% / 介護老人保健施設 49.3% と最も多い。


       次いで医師・看護師の場合は、

     

       「患者・家族等から相談があった時に勧めている」が多く、

     

       介護職員では「人生の最終 段階の患者に限らず勧めている」が多い。

     

       介護老人福祉施設では、「施設の方針として用いる」が最も多く49.0% 。

     

     

    *****************************************************************

     

    さて、この意識調査の結果を受けてどのように考えますか?

     

    「医療・介護」側が「「事前指示書」を用意して用いていないということでしょうね。

     

    そして、ほとんどの場合、「話し合いはしている」ということです。

     

    ただ、「話し合いはしている」が最も多いのですが、

     

    ACP(アドバンス・ケア・プランニング)に関しての

     

    結果は、びっくりする内容でした。

     

    「じゃあ、話し合っているって、どういうこと?」って、感じです。

     

    ちょっと、触れると、

     

    「実施していない」・「実施の検討をしていない」が

     

    もっとも多いのですから。

     

    (ACPについては後日書きますね。)

     

    ですから、いいえ、

     

    それでも、「自己防衛」としては、

     

    自分で準備しておいたほうがよいでしょうね。

     

    特に「LGBT]や「内縁関係」の方については、

     

    「医療代理人」の指定は、非常に重要ですね。

     

    公正証書での作成がベターでしょう。

     

    本人(患者)・家族等・医療介護の双方の

     

    意識と知識と実施のギャップは案外大きい。

     

    そのギャップを埋めるのが、「課題」なんですね。

     

    ぼくの「終活」の活動を通して、

     

    終末期医療について、

     

    一般市民の方にもっと身近に考えていただけるように

     

    活動をしてゆきたいと考えています。

     

     

    **********************************************************

     

     

    終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

     

    http://www.lifeiswonderful.link/

     

    「終活の普及活動」をしています。

     

    ご相談はお気軽にどうぞ。

     

    メール:message@lifeiswonderful.link

     

     

    posted by: 立石 浩一 | 終末期医療 | 21:29 | comments(0) | - |
    『 人生の最終段階 』を迎えたときの医療の選択
    0

      JUGEMテーマ:緩和ケア

       

       

       

      ドーナッツとカフェオレをいただきながら、考えた。

       

      *******************************************

       

      「人生の最終段階」を迎えたときの医療の選択。

       

      *******************************************

       

      おりしも、3月23日、

       

      厚生労働省の有識者検討会が、

       

      終末期医療に関する新たなガイドラインを

       

      盛り込んだ報告書をまとめた。

       

      終末期医療のガイドラインを改訂。

       

      事前の話し合い重視する内容だ。

       

      ******************************************

       

      現代の医療では、不治であり、

       

      すでに死が迫っていると診断された場合、

       

      たんに死期を延ばすだけの延命措置を拒否する意思を宣言する

       

      「リビング・ウィル」。

       

      「尊厳死宣言書」や

       

      「人生の最終段階の医療における事前指示書」とも

       

      呼ばれている。

       

      一般社団法人 尊厳死協会によると、

       

      医療機関での尊厳死許容率は、およそ96%におよぶという。

       

      個人・社会・医療機関では、

       

      受け入れられているということになるだろう。

       

      では、「医療に対する希望表明」はどうだろう。

       

      *******************************************

       

      最期を過ごしたい場所

       

      自分で食べることができなくなり、

       

        医師が回復不能と判断した場合の

       

        栄養補給手段で希望すること

       

        a. 経鼻チューブ栄養

       

        b. 中心静脈栄養

       

        c. 胃ろう

       

        d. 点滴による水分補給

       

        e. 口から入るもの食べたれる分だけ

       

      医師が回復不能と判断した場合、してほしくないこと

       

        a. 心肺蘇生

       

        b. 人工呼吸器

       

        c. 気管切開

       

        d. 酸素吸入

       

        e. 輸血

       

        f. 昇圧剤や強心剤

       

        g. 抗生物質

       

        h. 抗がん剤

       

        i. 点滴 

       

      ****************************************

       

      については、

       

      尊厳死宣言書の「延命措置」と重複すると思っている。

       

      ぼくは、△砲弔い胴佑┐気擦蕕譴襦

       

      「口からものを食べることができる」とは、

       

      どういう意味を持つのだろうか?

       

      逆に、

       

      「口からものを食べることができなくなる」とは、

       

      どういう意味を持つのだろうか?

       

      今回の改訂で重視されている、

       

      「アドバンス・ケア・プランニング」

       

      :人生の最終段階の医療・ケアについて、

       

       本人が家族等や医療・ケアチームと

       

       事前に繰り返し話し合うプロセス

       

      が、機能するのだろうか?

       

      本人の希望は叶えられるのだろうか?

       

      家族が希望したなら、

       

      自分は、その希望を受け入れることができるのだろうか?

       

       

       

      **********************************************

       

      終活相談・終活普及事業

       

      『ライフ・イズ・ワンダフル』

       

      http://www.lifeiswonderful.link/

       

      『ライフ・イズ・ワンダフル』は、

       

      さまざまな終活に関するご相談をお受けしております。

       

      メール:message@lifeiswonderful.link

       

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: 立石 浩一 | 終末期医療 | 14:29 | comments(0) | - |