スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    『 エンディングノートを書こう!』ブログセミナー 〜 その3
    0

       

       

       

       

      これが、ぼくの「エンディングノート」。

       

      『 MIDORI の TRAVELER'S notebook 』。

       

       

      *****************************************

       

      「エンディングノート」に書くことのひとつとして、

       

      ” 自分自身のこと ”があります。

       

      * 参考;9/25の記事

       

      http://tokimeki-labo.jugem.jp/?day=20170925

       

      「エンディングノート」は、

       

      まずは、書きやすいことから始めるのがコツ。

       

      だから、” 自分自身のこと ”から書きましょう♪

       

      ただ、” 自分自身のこと ”といっても、

       

      それだけでも、たくさんのことがありますよね。

       

      ちょっと、いくつかあげてみましょう。

       

      自分を中心とした「家系図」

       

      ” じぶん年表 ” 参考:http://tokimeki-labo.jugem.jp/?day=20170712

       

      ” 心に残る〜○○ ” シリーズ

       

      好きなものシリーズ

       

      ,鉢△蓮調べたりするので、ちょっと時間がかかりますが、

       

      じっくりと取り組んで

       

      時間をかけて書いていくと楽しいですよ♪

       

      とい砲弔い討蓮⊇颪やすいと思います。

       

      たとえば、ぼくのエンディングノート。

       

      ” 心に残る映画(洋画編)”

       

      ” 心に残る映画(邦画編)”

       

      ” 心に残る映画音楽 ”

       

      ” 心に残るテレビドラマ ”

       

      ” 心に残る本 ”

       

      ” 心に残るコトバ ”

       

      ” 心に残る旅行 ”

       

      などなど。

       

      思い出したり、調べたり、

       

      楽しそうですよね。

       

      バインダーでエンディングノートを作れば、

       

      ” 心に残る〜○○ ” シリーズを増やして、

       

      どんどん差し込むことができるんです。

       

       

      さて、

       

      あなたにとって、

       

      ” 心に残る日本映画 ” は、なんですか?

       

       

      **********************************************************

       

       

      終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

       

      http://www.lifeiswonderful.link/

       

      「エンディングノートの書き方」をサポートしています。

       

      ご相談はお気軽にどうぞ。

       

      メール:message@lifeiswonderful.link

       

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 08:20 | comments(0) | - |
      『 エンディングノートを書こう!』ブログセミナー 〜 その2
      0

         

         

         

        これが、ぼくの「エンディングノート」。

         

        『 MIDORI の TRAVELER'S notebook 』。

         

         

        *******************************************************

         

         

        書き方がわからない、

         

        何を書いたらいいのかわからない。

         

        そういうご相談をよくいただきます。

         

        そこで、

         

        まずは、「エンディングノーット」って、なに?

         

        からはじめてみましょう。

         

         

        *******************************************************

         

         

        「エンディングノート」とは、

         

        「伝えたい人に、自分の想いを書き記し、遺すためのノート」

         

        なんです。

         

         

        *******************************************************

         

        「エンディングノート」と似たものが2つあります。

         

        1.「日記」

         

          日記は、自分の想いを密かに書き記しますが、

         

              ひとに読んでもらうものではありません。

          

          「エンディングノート」は、

         

          ひとに読んでもらうために書き記します。

         

          大きな違いですね。

         

        2.「遺言書」

         

          遺言書は、民法上、書式があって、

         

          書き記すことで、「法的効力」を有することができます。

         

          「エンディングノート」は、たとえ書き記したとしても、

         

          法的効力はないので、遺されたひとは、

         

          その希望どおりにしなくてもよいのです。

         

          つまり、書き遺しても希望通りには

         

          いかないこともあるということ。

         

         

        この2つを押えておきましょう。

         

         

        ***********************************************************

         

        つぎに、「何を書き記すの?」です。

         

        大きく分けて4つあります。

         

        1.自分自身のこと

         

        2、伝え遺すべき自分の情報

         

        3.自分自身で意思表示ができなくなった場合の自分の希望

         

        4.自分の想い(ひとへのメッセージ)

         

         

        この4つに沿って、書いていけば、

         

        おのずから「エンディングノート」はできあがります。

         

        この4つについては、くわしくは、

         

        つぎのブログ以降で触れていきたいと思います。

         

         

           

        **********************************************************

         

        漠然と「エンディングノート」、といっても、

         

        いざ書こうとするとわからないものです。

         

        「エンディングノート」の役割を理解すると

         

        ずいぶん書きやすくなるんですよね。

         

        次回以降で、

         

        もっと、わかりやすく、楽しく、

         

        書ける情報をお伝えしますね。

         

         

        **********************************************************

         

         

        終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

         

        http://www.lifeiswonderful.link/

         

        「エンディングノートの書き方」をサポートしています。

         

        ご相談はお気軽にどうぞ。

         

        メール:message@lifeiswonderful.link

         

        posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 09:05 | comments(0) | - |
        『 エンディングノートを書こう!』ブログセミナー 〜 その1
        0

           

           

           

           

          「塩パンとアイスコーヒーとエンディングノート」。

           

          仕事に行く前にパン屋さんのイートインでひととき。

           

           

          **************************************************

           

           

          『 エンディングノート 』、

           

          ぼくは、「自作派」です。

           

          いくつかの団体のエンディングノートや市販のものを買いましたが、

           

          どれも、どうも、しっくりこない。

           

          そこで、お気に入りのノートを

           

          『 エンディングノート 』にしています。

           

          それは、『 MIDORI の TRAVELER'S notebook 』。

           

          いつも持ち歩いて、書き込んでいます。

           

           

          *****************************************************

           

           

          ぼくの母親にも『 エンディングノート 』を買いましたが、

           

          やはり、「しっくりこない」といって、

           

          ぼくの買った市販のものを参考にしながら、

           

          「ルーズリーフバインダー」で自作しています。

           

          ぼくも、

           

          「どのエンディングノートを買えばいいのかわからない」

           

          という相談があった場合は、

           

          「ルーズリーフバインダーで自作してみては?」

           

          とアドバイスしています。

           

           

          *****************************************************

           

          市販の『 エンディングノート 』は、つまらない。

           

          書きたくならないんだよね。

           

          まずは、「ノート」自体がつまらない。

           

          お気に入りの「ノート」に仕上げるには、

           

          よぼど、気にいったのノートを購入するか

           

          (エンディングノートではなく、ノート)

           

          表紙が硬い「ルーズリーフバインダー」を購入して、

           

          表紙などをコラージュなどをして、

           

          「自分好み」に仕上げていくのがいい。

           

          「無印良品」のバインダーはオススメ。

           

          では、どうして、「ルーズリーフバインダー」なのか?

           

          それは、カンタン。

           

          差し替えたり、加えたりできるから。

           

          ぼくの『 エンディングノート 』には、

           

          ” 心に残る ” シリーズの項目があります。

           

           

          ” 心に残る映画 〜 洋画編 ”

           

          ” 心に残る映画   〜  邦画編 ”

           

          ” 心に残るテレビドラマ ”

           

          ” 心に残る映画音楽 ”

           

          ” 心に残る旅行 ”

           

          ” 心に残る山行 ”

           

          ” 心に残る ” シリーズ、ああこれも加えよう

           

          とおもったら、1枚挟み込めばOKなんだから。

           

           

           

          *****************************************************

           

          買ったはいいけれど、

           

          書いていない、書き続けられない。

           

          そういう相談もよくあります。

           

          『 エンディングノート 』を書き続けるコツ、

           

          それは、気に入った「ノート」を使う・作るということ。

           

          いかがですか?

           

          「自分だけのエンディングノート」を作ってみては?

           

           

           

          *****************************************************

           

           

          終活コーディネート任意団体 『ライフ・イズ・ワンダフル』

           

          http://www.lifeiswonderful.link/

           

          相続・終活・エンディングノート・老後資金・資産運用の

           

          ご相談はお気軽にどうぞ。

           

          メール:message@lifeiswonderful.link

           

           

           

          posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 12:56 | comments(0) | - |
          「デジタル遺品」で苦労しないための生前整理
          0

             

             

             

             

            この手帳は、ぼくの「エンディングノート」。

             

            「デジタル遺品」というコトバを耳にするようになって、

             

            2、3年が経ちます。

             

             

            そこで、

             

            ぼくのエンディングノートには、

             

            WEB/デジタルの管理で必要なID・PASS、

             

            登録メールアドレスなどの情報の記載するページがあって、

             

            少しずつ、せっせと、書き込んでいます。

             

            普段使わないものや昔に登録したものなどもあるので、

             

            「あッ、あれもか〜」って、思い出したり、

             

            案外、手間取っています。

             

            万が一エンディングノートに記載しています。

             

            これって、とっても大切なことだと思っています。

             

             

            そうそう、「デジタル遺品」に関して言えば、

             

            パソコンのデータの生前整理も大切ですよね。

             

            「禁断のファイル」の取扱いなどね。

             

            ぼくのパソコンには、

             

            そのようなファイルは決してありません!けど。

             

             

             

            posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 12:49 | comments(0) | - |
            あなたにとって、” 心の残るテレビドラマ ” って、なんですか?
            0

              JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など

               

               

              テレビを見なくなって、

               

              というよりも、

               

              テレビが我が家から消えて、

               

              何十年経ったのかな?

               

               

               

              ぼくのエンディングノートには、

               

              ” 心の残るテレビドラマ ”という項目があります。

               

              連続ドラマ・スペシャルドラマを含みます。

               

               

              『祭ばやしが聞こえる』

               

              『悪魔のようなあいつ』

               

              『北の国から』(スペシャルドラマを含む)

               

              『傷だらけの天使』

               

              『ガラスの知恵の輪』

               

              『阿修羅のごとく』パート1・パート2

               

              『太陽にほえろ!』

               

               

              まだまだ、あるな。

               

               

              エンディングノートに書くために

               

              思い出したり、

               

              調べたりすると、

               

              いろんな発見があったりします。

               

              「ああ、あの時代は、あんなことしていたなあ」とかね。

               

              おもしろいですよ!

               

               

              ぼくのテレビドラマは、

               

              ずいぶんと時代がかっていると思いますが、

               

              あなたにとって、

               

              ” 心の残るテレビドラマ ” って、なんですか?

               

               

               

               

               

               

              posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 13:03 | comments(0) | - |
              『 じぶん年表 』
              0

                 

                 

                 

                よく「自分史」というコトバを聞きますよね。

                 

                「自分史」のセミナーや認定資格の講座も

                 

                よく開催されているようです。

                 

                ぼくは、「エンディングノート」に貼り付けるため、

                 

                『 じぶん年表 』をつくりはじめました。

                 

                ぼくは、『 じぶん年表 』と呼んでいます。

                 

                歴史の教科書の後ろにあったような「年表」。

                 

                あれです。

                 

                現在までの年表が完成するのは、ずっと、先だろうな。

                 

                『 じぶん年表 』づくりは、

                 

                「自分」の棚卸作業。

                 

                自分の歴史を振り返り、

                 

                「自分を見つめる」作業だから、時間がかかる。

                 

                いろんな「発見」があるだろうな。

                 

                歴史の教科書の後ろにあったような「年表」。

                 

                 

                あなたも、

                 

                『 じぶん年表 』、

                 

                つくりはじめると

                 

                おもしろいかもよ。

                posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 08:45 | comments(0) | - |
                あなたの「心に残る映画音楽」は? - 洋画編 -
                0

                  JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など

                   

                   

                   

                  ぼくのエンディングノートには、

                   

                  「心に残る映画音楽 - 洋画 - 」という項目があります。

                   

                   

                  ぼくは、現在、

                   

                   

                  ・ 「おもいでの夏」     1971年  ミシェル・ルグラン作曲 

                   

                   

                  ・ 「ひまわり」       1970年  ヘンリー・マンシーニ作曲

                   

                   

                  ・  「太陽がいっぱい」   1960年   ニーノ・ロータ作曲

                   

                   

                  ・ 「白い恋人たち」     1968年  フランシス・レイ作曲

                   

                   

                  ・ 「ドクトル・ジバコ」   1965年  モーリス・ジャール作曲 

                                                                       『 ララのテーマ 』

                   

                   

                  ・ 「小さな恋のメロディ」    1961年  ビージーズ  

                                                                       『 メロディ・フェア 』

                                    『 若葉のころ 』

                   

                   

                   

                  です。

                   

                   

                  なんだか、

                   

                  「生きてい年代」がわかっちゃいますよね、

                   

                  さて、みなさんは?

                  posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 23:52 | comments(0) | - |
                  TRAVELER’S notebook がぼくの「エンディング・ノート」 - 「心に残る本」は?
                  0

                     

                     

                     

                     

                     

                    市販の「エンディングノート」を何冊か買いましたが、

                     

                    なんだか、しっくりこない。

                     

                    だから、ぼくは「自作」。

                     

                    母親にも以前「エンディングノート」をプレゼントをしましたが、

                     

                    父親が亡くなったのをキッカケに

                     

                    結局、バインダーで自作のエンディングノートを書き始めました。

                     

                    ぼくは、みなさんには「バインダー・エンディングノート」をオススメしていますが、

                     

                    気に入ったバインダーがないので、

                     

                    ぼくのお気に入りの「TRAVELER’S notebook」しました。

                     

                     

                     

                     

                    さて、「ノート」には、

                     

                    【心に残る本】という項目があります。

                     

                     

                     

                    ぼくの場合は...

                     

                    『竜馬がゆく』著者:司馬遼太郎 /  文春文庫

                     

                    『シーシュポスの神話』著者:アルベール・カミュ / 新潮文庫

                     

                    今現在は、この2冊。

                     

                     

                     

                    あなたにとっての、

                     

                    【心に残る本】は、

                     

                    なんですか?

                    posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 11:35 | comments(0) | - |