『 デスカフェ@たま 』、開催しました。
0

     

    やっぱり桜は、いいですね。

     

    ことしは、いつもより1週間ほど早く咲いて、

     

    もう散り始めていますね。

     

     

    *********************************************

     

    3月30日に「デスカフェ@たま」を開催しました。

     

    そのあとに、「終活交流会」、

     

    そして、「夜桜鑑賞会」。

     

    今回は、第3部まで行いました。

     

    みなさん大変喜んでいただいたようで、

     

    うれしく思っています。

     

    ありがとうございました。

     

    ********************************************

     

    ☆「地球滅亡の前夜、あなたは、なにを食べたいですか?」

     

    ☆「口からものを食べることができなくなったら、

     

        あなたは、どのような栄養補給手段を選択しますか?」

     

    ☆「生きることに意味はあるのでしょうか?」

     

    今回の「デスカフェ」は、

     

    この3つをテーマにお話をしてみました。

     

    ********************************************

     

    多彩な参加者のみなさん:

     

    ・納棺師

     

    ・イラストレーター兼陶芸家兼税理士

     

    ・鍼灸セラピスト 

     

    ・広告代理店兼終活ポータルサイト運営

     

    ・行政書士

     

    ・独立系終活相談窓口運営

     

    *******************************************

     

    ☆「地球滅亡の前夜、あなたは、なにを食べたいですか?」

     

    ぼくを含めた7人中、3人が「カレーライス」と答えました ♪

     

     

     

    ☆「口からものを食べることができなくなったら、

     

                 あなたは、どのような栄養補給手段を選択しますか?」

     

    ほとんどの方は、自然に枯れてゆきたいと答えました。

     

    納棺師の方は、

     

    「自然に枯れたご遺体は、とてもきれいです」

     

    といっていたこと印象的でした。

     

     

     

    ☆「生きることに意味はあるのでしょうか?」

     

    この質問に対する「想い」・「考え」は、

     

    みなさん、とっても興味深い内容でした。

     

     

     

    この3つの質問、あなたはなんて答えるでしょう?

     

     

    ***********************************************

     

     

     

    終活相談・終活普及事業 『ライフ・イズ・ワンダフル』

     

    http://www.lifeiswonderful.link/

     

    「デスカフェ@たま」の主催をしています。

     

     

    メール:message@lifeiswonderful.link

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 立石 浩一 | 終活セミナー | 14:19 | comments(0) | - |
    『 人生の最終段階 』を迎えたときの医療の選択
    0

      JUGEMテーマ:緩和ケア

       

       

       

      ドーナッツとカフェオレをいただきながら、考えた。

       

      *******************************************

       

      「人生の最終段階」を迎えたときの医療の選択。

       

      *******************************************

       

      おりしも、3月23日、

       

      厚生労働省の有識者検討会が、

       

      終末期医療に関する新たなガイドラインを

       

      盛り込んだ報告書をまとめた。

       

      終末期医療のガイドラインを改訂。

       

      事前の話し合い重視する内容だ。

       

      ******************************************

       

      現代の医療では、不治であり、

       

      すでに死が迫っていると診断された場合、

       

      たんに死期を延ばすだけの延命措置を拒否する意思を宣言する

       

      「リビング・ウィル」。

       

      「尊厳死宣言書」や

       

      「人生の最終段階の医療における事前指示書」とも

       

      呼ばれている。

       

      一般社団法人 尊厳死協会によると、

       

      医療機関での尊厳死許容率は、およそ96%におよぶという。

       

      個人・社会・医療機関では、

       

      受け入れられているということになるだろう。

       

      では、「医療に対する希望表明」はどうだろう。

       

      *******************************************

       

      最期を過ごしたい場所

       

      自分で食べることができなくなり、

       

        医師が回復不能と判断した場合の

       

        栄養補給手段で希望すること

       

        a. 経鼻チューブ栄養

       

        b. 中心静脈栄養

       

        c. 胃ろう

       

        d. 点滴による水分補給

       

        e. 口から入るもの食べたれる分だけ

       

      医師が回復不能と判断した場合、してほしくないこと

       

        a. 心肺蘇生

       

        b. 人工呼吸器

       

        c. 気管切開

       

        d. 酸素吸入

       

        e. 輸血

       

        f. 昇圧剤や強心剤

       

        g. 抗生物質

       

        h. 抗がん剤

       

        i. 点滴 

       

      ****************************************

       

      については、

       

      尊厳死宣言書の「延命措置」と重複すると思っている。

       

      ぼくは、△砲弔い胴佑┐気擦蕕譴襦

       

      「口からものを食べることができる」とは、

       

      どういう意味を持つのだろうか?

       

      逆に、

       

      「口からものを食べることができなくなる」とは、

       

      どういう意味を持つのだろうか?

       

      今回の改訂で重視されている、

       

      「アドバンス・ケア・プランニング」

       

      :人生の最終段階の医療・ケアについて、

       

       本人が家族等や医療・ケアチームと

       

       事前に繰り返し話し合うプロセス

       

      が、機能するのだろうか?

       

      本人の希望は叶えられるのだろうか?

       

      家族が希望したなら、

       

      自分は、その希望を受け入れることができるのだろうか?

       

       

       

      **********************************************

       

      終活相談・終活普及事業

       

      『ライフ・イズ・ワンダフル』

       

      http://www.lifeiswonderful.link/

       

      『ライフ・イズ・ワンダフル』は、

       

      さまざまな終活に関するご相談をお受けしております。

       

      メール:message@lifeiswonderful.link

       

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: 立石 浩一 | 終末期医療 | 14:29 | comments(0) | - |
      『 第2回 デスカフェ@たま 』、開催です ♪
      0

         

         

         

        〜 死生観ワークショップ 〜 「デスカフェ@たま」

         

        3月30日(金)開催します。

        ワークショップ終了後、「終活交流会」。


        お茶を飲みながら、

        お菓子をつまみながら、...

        ゆる〜く、

         

        たのしく、

         

        「死生観」について

        語り合いませんか?


        *************************************************

         

        【 第1部 】

        〜 死生観ワークショップ 〜 「デスカフェ@たま」


        日時:3月30日(金)15:10〜16:50 (開場15:05)

        場所:たま・まち交流館

           東京都 多摩市落合1丁目45-2

           アクセス: http://www1.ttv.ne.jp/~tama-machi/

        主催:ライフ・イズ・ワンダフル
          
           http://www.lifeiswonderful.link/

        ファシリテーター:立石 浩一



        【 第2部 】

         

        「終活交流会」


        日時:3月30日(金)17:00〜19:00

        ☆ 場所を変えて交流会をします ♪

        集合場所:たま・まち交流館に16:50集合

         

        * 交流会のみ参加の方は、ご連絡ください。

         

         場所をお伝えいたします。

         

         

        ☆ 「桜」が咲いているようでしたら、

         

          交流会後、「夜桜お花見さんぽ」をします ♪

         

          缶ビール・冠チューハイ片手に

         

          夜桜さんぽでもしませんか?

        参加費:

        ☆ 第1部「デスカフェ」のみ参加、

         第2部「交流会」のみ参加でもOKです!

        第1部「デスカフェ」 1500円(お茶・お菓子代込み

        第2部「交流会」   3000円


        お申込み:

        Facebookのコメント・メッセージにて受け付けます。

        また、メールでもOKです。

        メールアドレス: message@lifeiswonderful.link

                   ライフ・イズ・ワンダフル

         

         

         

        *****************************************************

         

         

        終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

         

        http://www.lifeiswonderful.link/

         

        「デスカフェ@たま」の主催をしています。

         

         

        メール:message@lifeiswonderful.link

        posted by: 立石 浩一 | 終活セミナー | 10:27 | comments(0) | - |
        「生きていることに意味はあるのか?」
        0

           

           

          JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など

           

           

          ”「生きている意味はあるのか?」

           

          この問いにあなたなら、どう答えますか? ”

           

          ぼくの終活のお友だちがfacebookで

           

          このように問いかけました。

           

          多くの方がコメントで答えました。

           

          ぼくも答えました。

           

          ********************************************

           

          ぼくの書いたコメントに加筆して、

           

          もう少し、ぼくの考えを書きます。

           

          ********************************************

           

          「生きている意味はあるのか?」

           

          ********************************************

           

          「生きている」ことには、意味などない。

           

          「生きていること」に意味が必要なのだろうか?

           

          「意味」がないと生きていることができないのだろうか?

           

          息をしている。

           

          手首に指を当てると脈が打つ。

           

          頬に手を当てると、暖かい。

           

          これが、生きているということ。

           

          「生きている」という事実があるだけ。

           

          単にそれだけである。

           

          「いま・ここに・わたしが・存在している」。

           

          それだけで、十分じゃないか。

           

           

          ************************************************

           

          「生きるということ」・「死ぬということ」、

           

          「死生観」について語り合う、

           

          『 デスカフェ@たま 』を開催します。

           

          くわしくは、

           

          ぼくが代表を務める ” 終活トータルコーディネート ”

           

          『ライフ・イズ・ワンダフル』のホームページをご覧ください。

           

          http://www.lifeiswonderful.link/kouza.htm

           

          メール:message@lifeiswonderful.link

           

           

           

          posted by: 立石 浩一 | 死生観 | 09:48 | comments(0) | - |
          第1回 『 デスカフェ@たま 』
          0

             

             

             

             

            1月29日に『 デスカフェ@たま 』 

             

            〜 死生観ワークショップ 〜 開催しました。

             

            毎月1回開催している 

             

            = 終活@学交 = の一環としての開催です。

             

            ” 終活を通じて、学んで、交わって、つながる ” を

             

            目的とした活動です。

             

            **********************************************

             

            お茶を飲みながら、

             

            お菓子を食べながら、

             

            ゆる〜く、「死生観」について語り合う『 デスカフェ 』。

             

            ファシリテーターであるぼくを含め、7名の参加。

             

            ・県警の捜査1課出身の行政書士さん

             

            ・納棺師でり、葬儀社さん

             

            ・葬儀相談員さん

             

            ・終活カウンセラーさん

             

            ・さまざまな会のファシリテーターをされている方

             

            ・ヨガインストラクターさん

             

            多彩なメンバーでのデスカフェとなりました。

             

            出てくるお話も多彩。

             

            ぼくが想定していたことなんて、

             

            吹っ飛んで、想定外のお話満載。

             

            暗くなく、笑いや驚きを交えた内容でした。

             

            このように「生」と「死」にまつわる

             

            お話を自由にお話できる場をみなさんは

             

            探していたんだろうな。

             

             

             

            *****************************************************

             

             

            終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

             

            http://www.lifeiswonderful.link/

             

            「デスカフェ@たま」の主催をしています。

             

             

            メール:message@lifeiswonderful.link

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            posted by: 立石 浩一 | 終活セミナー | 17:56 | comments(0) | - |