地域に根ざす "終活カフェ ” の取り組み
0

     

     

     

    先日、『 おくりびとのお葬式 稲城サロン 』さんの

     

    1周年記念感謝祭に伺いました。

     

    その際お聞きしたのが、

     

    きょう、5月18日(金)から毎週金曜日の10時から

     

    ここ「稲城サロン」さんで ” 終活カフェ ” を開く、ということです。

     

    気軽に立ち寄れて、無料でコーヒーなどをいただけて、

     

    介護・相続・保険・葬儀・供養など

     

    さまざまな終活にかかわる相談を

     

    無料ですることができるカフェなんだそうです。

     

    『 おくりびとのお葬式 稲城サロン 』さんの

     

    場所と連絡先 ↓

     

    https://okuribito-funeral.com/member_store/inagi/

     

    いい取り組みですよね。

     

    地域包括や福祉系カフェでは、偏りや限界があります。

     

    このように気軽に立ち寄れ、

     

    終活の相談のできる地域に根ざした

     

    総合的な窓口がこれからは必要になってきます。

     

    困り事はひとりひとり違いますし、

     

    ひとつだけではなく、いろんなことに困っています。

     

    ですから「ワンストップ」の相談窓口が必要なんです。

     

    ぼくの住む多摩市は東京都内でも、

     

    トップクラスの高齢者増加率を誇り、

     

    日本一最速で高齢化だ進む街です。

     

    この多摩市内の多摩ニュータウン団地の中に

     

     ” 終活カフェ ” をひらくことを目指したいものです。

     

     

    ***********************************************

     

     

    終活相談・終活普及事業 『ライフ・イズ・ワンダフル』

     

    http://www.lifeiswonderful.link/

     

    「終活の交流会」を主催をしています。

     

     

    メール:message@lifeiswonderful.link

    posted by: 立石 浩一 | 終活 | 09:18 | comments(0) | - |
    ” 終活 ” に関わる方の「つながり」が大切だと思う。
    0

       

       

       

      ” 終活 ” に関わる職種って、ホント、たくさんあるんですよね。

       

      税理士・司法書士・社会保険労務士・行政書士・弁護士。

       

      ファイナンシャルプランナー。

       

      医療看護・介護ケアに従事されている方。

       

      葬儀・供養業界の方。

       

      保険屋さん・不動産屋さん。

       

      生前・遺品整理業者さん。

       

      健康促進・認知症予防・介護予防などの

       

      エクセサイズの指導をされている方。

       

      などなど。

       

      自分では、” 終活 ” に関わる業種と思っていない方も

       

      いらっしゃるんでしょうね。

       

      さて、この” 終活業界 ”、

       

      「タテ割」で「ヨコ」のつながりが薄い業界でもあるんです。

       

      これは、「終活関連協会」の世界もおんなじ。

       

      排他的な考えをもつ職種や「ひと」さえいるのが ” 現実 ”。

       

      困ったことですよね。

       

      ぼくの「終活」のお友だちの中には、

       

      「職種・業種」や「所属団体」を超えて、

       

      「ヨコ」のつながりの重要性を痛感して、

       

      活動をしている方もいらっしゃいます。

       

      ぼくは今後、

       

      「職種・業種」や「所属団体」を超えた

       

      「ヨコ」のつながりをつくるキッカケづくりの場を

       

      提供する活動にチカラをいれていこうと考えています。

       

       

       

      ***********************************************

       

       

      終活相談・終活普及事業 『ライフ・イズ・ワンダフル』

       

      http://www.lifeiswonderful.link/

       

      「終活の交流会」を主催をしています。

       

       

      メール:message@lifeiswonderful.link

       

       

       

       

       

       

      posted by: 立石 浩一 | 終活 | 14:20 | comments(0) | - |
      『 孤独死 』は、悪いことなの?
      0

        JUGEMテーマ:孤独死

         

         

         

         

        あなたは、「ねこ」を残して、

         

        ” 孤独死 ” できますか?

         

         

        **********************************************

         

         

        一般に高齢者が多いように感じる方がほとんどでしょうね。

         

        たしかにその傾向がありますが、

         

        20代から30代の方もいらっしゃいます。

         

        その場合、「自殺」が多いようですね。

         

        また、男性と女性の別では、圧倒的に男性が多いのです。

         

        2:1の割合。

         

        「おとこ」は、会社や仕事をはなれると、

         

        ダメになっちゃう傾向があるんですね。

         

        そして奥さんを離婚や死別で、

         

        失った男性は、寿命が短いそうです。

         

        「おとこ」は弱っちいんです。

         

         

         

         

         

        (東京都監察医務院で取り扱った自宅住居で亡くなった単身世帯の者の統計(平成28年))

         

         

        このグラフを見ると男女でこんなに違うんですね。

         

        男性の定年退職後の孤独を反映してるんでしょうか?

         

         

        さて、” 孤独死 ” の原因はさまざまでしょう。

         

        ネットを見ると、

         

        「社会問題」と捉えることもできますが、

         

        ぼくは、そう思っていません。

         

        ” 孤独死 ”は、まわりに迷惑をかける、

         

        自分の姿が醜く変容するなど、

         

        「気をつけなくっちゃ」と思っている人は、

         

        ” 孤独死 ” なんかしない。

         

        ” 孤独死 ”をする本人は、そんなこと考えてもいない。

         

        ぼくは、それはそれで「よい」と思っています。

         

        死に方は、個人の自由だ思っています。

         

        「” 孤独死 ” って、悪いことなんですか?」

         

        「いいえ、悪いなんてことないんですよ。

         

        あなたの勝手です。お好きなように」

         

        ただ、「終活」などに関わっている人は、

         

        予防のための「発信」はしなくちゃいけない。

         

        だって、わかっているんだから。

         

        そうすることで、ほんの0.数パーセントの人が、

         

        ” 孤独死 ” を免れることができるかもしれないんですからね。

         

        「動物を飼っている人」は

         

        決して、” 孤独死 ” をしてはいけない。

         

        かれらには、まったく責任がない。

         

        あなたに頼って生きているんです。

         

        信じて生きているんです。

         

        発見が遅ければ、「動物も飢えて死ぬ」。

         

        そして、発見されたとしても、たいがい「動物のことは無視」。

         

        ドアをあけたら、逃げてゆくか。

         

        部屋の中隅でうずくまって、発見されないか。

         

        どちらにしても飢えて死ぬ。

         

        「人間よりも動物のほうが悲惨」。

         

         

        ***********************************************

         

         

         

        終活相談・終活普及事業 『ライフ・イズ・ワンダフル』

         

        http://www.lifeiswonderful.link/

         

        「デスカフェ@たま」の主催をしています。

         

         

        メール:message@lifeiswonderful.link

         

         

         

         

         

        posted by: 立石 浩一 | 死生観 | 11:42 | comments(0) | - |
        『 デスカフェ@たま 』、開催しました。
        0

           

          やっぱり桜は、いいですね。

           

          ことしは、いつもより1週間ほど早く咲いて、

           

          もう散り始めていますね。

           

           

          *********************************************

           

          3月30日に「デスカフェ@たま」を開催しました。

           

          そのあとに、「終活交流会」、

           

          そして、「夜桜鑑賞会」。

           

          今回は、第3部まで行いました。

           

          みなさん大変喜んでいただいたようで、

           

          うれしく思っています。

           

          ありがとうございました。

           

          ********************************************

           

          ☆「地球滅亡の前夜、あなたは、なにを食べたいですか?」

           

          ☆「口からものを食べることができなくなったら、

           

              あなたは、どのような栄養補給手段を選択しますか?」

           

          ☆「生きることに意味はあるのでしょうか?」

           

          今回の「デスカフェ」は、

           

          この3つをテーマにお話をしてみました。

           

          ********************************************

           

          多彩な参加者のみなさん:

           

          ・納棺師

           

          ・イラストレーター兼陶芸家兼税理士

           

          ・鍼灸セラピスト 

           

          ・広告代理店兼終活ポータルサイト運営

           

          ・行政書士

           

          ・独立系終活相談窓口運営

           

          *******************************************

           

          ☆「地球滅亡の前夜、あなたは、なにを食べたいですか?」

           

          ぼくを含めた7人中、3人が「カレーライス」と答えました ♪

           

           

           

          ☆「口からものを食べることができなくなったら、

           

                       あなたは、どのような栄養補給手段を選択しますか?」

           

          ほとんどの方は、自然に枯れてゆきたいと答えました。

           

          納棺師の方は、

           

          「自然に枯れたご遺体は、とてもきれいです」

           

          といっていたこと印象的でした。

           

           

           

          ☆「生きることに意味はあるのでしょうか?」

           

          この質問に対する「想い」・「考え」は、

           

          みなさん、とっても興味深い内容でした。

           

           

           

          この3つの質問、あなたはなんて答えるでしょう?

           

           

          ***********************************************

           

           

           

          終活相談・終活普及事業 『ライフ・イズ・ワンダフル』

           

          http://www.lifeiswonderful.link/

           

          「デスカフェ@たま」の主催をしています。

           

           

          メール:message@lifeiswonderful.link

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          posted by: 立石 浩一 | 終活セミナー | 14:19 | comments(0) | - |
          『 人生の最終段階 』を迎えたときの医療の選択
          0

            JUGEMテーマ:緩和ケア

             

             

             

            ドーナッツとカフェオレをいただきながら、考えた。

             

            *******************************************

             

            「人生の最終段階」を迎えたときの医療の選択。

             

            *******************************************

             

            おりしも、3月23日、

             

            厚生労働省の有識者検討会が、

             

            終末期医療に関する新たなガイドラインを

             

            盛り込んだ報告書をまとめた。

             

            終末期医療のガイドラインを改訂。

             

            事前の話し合い重視する内容だ。

             

            ******************************************

             

            現代の医療では、不治であり、

             

            すでに死が迫っていると診断された場合、

             

            たんに死期を延ばすだけの延命措置を拒否する意思を宣言する

             

            「リビング・ウィル」。

             

            「尊厳死宣言書」や

             

            「人生の最終段階の医療における事前指示書」とも

             

            呼ばれている。

             

            一般社団法人 尊厳死協会によると、

             

            医療機関での尊厳死許容率は、およそ96%におよぶという。

             

            個人・社会・医療機関では、

             

            受け入れられているということになるだろう。

             

            では、「医療に対する希望表明」はどうだろう。

             

            *******************************************

             

            最期を過ごしたい場所

             

            自分で食べることができなくなり、

             

              医師が回復不能と判断した場合の

             

              栄養補給手段で希望すること

             

              a. 経鼻チューブ栄養

             

              b. 中心静脈栄養

             

              c. 胃ろう

             

              d. 点滴による水分補給

             

              e. 口から入るもの食べたれる分だけ

             

            医師が回復不能と判断した場合、してほしくないこと

             

              a. 心肺蘇生

             

              b. 人工呼吸器

             

              c. 気管切開

             

              d. 酸素吸入

             

              e. 輸血

             

              f. 昇圧剤や強心剤

             

              g. 抗生物質

             

              h. 抗がん剤

             

              i. 点滴 

             

            ****************************************

             

            については、

             

            尊厳死宣言書の「延命措置」と重複すると思っている。

             

            ぼくは、△砲弔い胴佑┐気擦蕕譴襦

             

            「口からものを食べることができる」とは、

             

            どういう意味を持つのだろうか?

             

            逆に、

             

            「口からものを食べることができなくなる」とは、

             

            どういう意味を持つのだろうか?

             

            今回の改訂で重視されている、

             

            「アドバンス・ケア・プランニング」

             

            :人生の最終段階の医療・ケアについて、

             

             本人が家族等や医療・ケアチームと

             

             事前に繰り返し話し合うプロセス

             

            が、機能するのだろうか?

             

            本人の希望は叶えられるのだろうか?

             

            家族が希望したなら、

             

            自分は、その希望を受け入れることができるのだろうか?

             

             

             

            **********************************************

             

            終活相談・終活普及事業

             

            『ライフ・イズ・ワンダフル』

             

            http://www.lifeiswonderful.link/

             

            『ライフ・イズ・ワンダフル』は、

             

            さまざまな終活に関するご相談をお受けしております。

             

            メール:message@lifeiswonderful.link

             

             

             

             

             

             

             

             

            posted by: 立石 浩一 | 終末期医療 | 14:29 | comments(0) | - |