『 骨壺の話 』
0

     

     

    「終活」に関わる方に、ぜひ読んでいただきたい1冊。

     

    『骨壺の話』水上勉著・集英社文庫 1998年

     

    小説家・水上勉さんの短編随筆集です。

     

    ****************************************

     

    大量生産の白磁の味気ない骨壺。

     

    「なぜに、苦労多い人生を果てたのに、

     

    オリジナルな壺に入って、楽しまないのだろうか」。

     

    そう思い、リウマチで動かなくなった

     

    左指3本のリハビリを兼ねて、

     

    蹴り轆轤・手びねりで骨壺づくりをはじめたそうです。

     

    いまでは、水上さんの骨壺は高額で取り引きされ、

     

    著名人も購入しているとか。

     

    蓋に草亀をあしらったものと

     

    白玉椿をあしらったものの2種類があり、

     

    どちらも出身地の「若狭」への想いがこめられているそうです。

     

    原発開発に伴って、草亀も白玉椿もいなくなったと書きます。

     

    「私の故郷は十五基も原発が稼動する若狭だが、

     

    そこに住む人々は、生死の境目をつねに意識していて、・・・略

     

    どこへいって地震国、...略...故郷を愛しています。

     

    ここにしか住むところがありませんから」という。

     

     

     

     

    「死ぬこと生きること、とは、

     

    いま、お前の立っている場所のことだ」。

     

     

     

    天安門事件を目撃し、

     

    救援機で帰国した翌朝、水上さんは、

     

    心筋梗塞で倒れ、心臓の3分の2が壊死。

     

    しかし、10000人に1人という奇跡の生還。

     

     

     

    「死神はうりろからきて、冥界へひっさらってゆく。

     

    うりろからでは、予防しようもない」。

     

     

     

    倒れた際のこと、その後の入院生活、薬漬けになった体験、

     

    ほかにも水上さんの活動のお話など盛りだくさんです。

     

     

     

    「生き方」・「活き方」・「逝き方」が

     

    水上さんの美しい文章で織り込んである魅力ある1冊です。

     

     

     

     

    「毎日、寝る前に死ぬことにしている。

     

    一日が元気で無事におくれたら、それでもう満足である。

     

    あとは死ぬがいい。

     

    すなわち私のベッドが棺おけである。

     

    まっ暗の中で、声をだして誰にともなくいうのである。

     

    さようなら、みなさん」。

     

     

     

    **********************************************************

     

     

    終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

     

    http://www.lifeiswonderful.link/

     

    「エンディングノートの書き方」をサポートしています。

     

    ご相談はお気軽にどうぞ。

     

    メール:message@lifeiswonderful.link

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 立石 浩一 | ぼくの本棚 | 10:18 | comments(0) | - |
    『 エンディングノートを書こう!』ブログセミナー 〜 その3
    0

       

       

       

       

      これが、ぼくの「エンディングノート」。

       

      『 MIDORI の TRAVELER'S notebook 』。

       

       

      *****************************************

       

      「エンディングノート」に書くことのひとつとして、

       

      ” 自分自身のこと ”があります。

       

      * 参考;9/25の記事

       

      http://tokimeki-labo.jugem.jp/?day=20170925

       

      「エンディングノート」は、

       

      まずは、書きやすいことから始めるのがコツ。

       

      だから、” 自分自身のこと ”から書きましょう♪

       

      ただ、” 自分自身のこと ”といっても、

       

      それだけでも、たくさんのことがありますよね。

       

      ちょっと、いくつかあげてみましょう。

       

      自分を中心とした「家系図」

       

      ” じぶん年表 ” 参考:http://tokimeki-labo.jugem.jp/?day=20170712

       

      ” 心に残る〜○○ ” シリーズ

       

      好きなものシリーズ

       

      ,鉢△蓮調べたりするので、ちょっと時間がかかりますが、

       

      じっくりと取り組んで

       

      時間をかけて書いていくと楽しいですよ♪

       

      とい砲弔い討蓮⊇颪やすいと思います。

       

      たとえば、ぼくのエンディングノート。

       

      ” 心に残る映画(洋画編)”

       

      ” 心に残る映画(邦画編)”

       

      ” 心に残る映画音楽 ”

       

      ” 心に残るテレビドラマ ”

       

      ” 心に残る本 ”

       

      ” 心に残るコトバ ”

       

      ” 心に残る旅行 ”

       

      などなど。

       

      思い出したり、調べたり、

       

      楽しそうですよね。

       

      バインダーでエンディングノートを作れば、

       

      ” 心に残る〜○○ ” シリーズを増やして、

       

      どんどん差し込むことができるんです。

       

       

      さて、

       

      あなたにとって、

       

      ” 心に残る日本映画 ” は、なんですか?

       

       

      **********************************************************

       

       

      終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

       

      http://www.lifeiswonderful.link/

       

      「エンディングノートの書き方」をサポートしています。

       

      ご相談はお気軽にどうぞ。

       

      メール:message@lifeiswonderful.link

       

       

       

       

       

       

       

       

      posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 08:20 | comments(0) | - |
      本当に「終活」は必要か?
      0

        JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など

         

         

        先日、父の三回忌を行った。

         

        父は、脳内出血で夜中倒れ、

         

        10日後、亡くなった。

         

        そのあいだ、目を開けることもなく、

         

        話を交わすこともなかった。

         

        「突然の死」である。

         

        倒れる当日、

         

        朝から小雨が降っていた。

         

        昼ごろ、小雨の中、

         

        大好きなタバコを買いに、

         

        歩いて5分ほどのスーパーに出かけた。

         

        そこで、「エコー」と

         

        これまた、大好きな「お稲荷さん」を

         

        買ってきたという。

         

        本人も、一緒に暮らす母もまさか、

         

        その日の夜中に倒れるなんて思っちゃいない。

         

        道行く人、通り過ぎる人、お店の店員、

         

        この老人が、

         

        この日の夜中に倒れ、

         

        10日後に死ぬことになるなんて

         

        当然のことながら、

         

        誰一人考えもしなかった。

         

        「突然の死」の訪れである。

         

        死神がそっと後ろから近づき、

         

        さっと、さらってゆく。

         

        終活に関わる人間は、

         

        「死は突然訪れる。

         

        だから、今のうちに終活をしましょう」

         

        といって、語り、セミナーを開く。

         

        でも、本当に「終活は必要なのか?」

         

        ぼくも終活に関わる人間。

         

        しかし、そのような「致命的な考え」が浮かんでくる。

         

        父は、「終活」には無縁の人間だった。

         

        しかし、本人はなんにも困らず、

         

        家族も困らなかった。

         

        「終活は、今をよりよく生きること」をいう。

         

        父は、たしかに「今」を生きていた。

         

        広義の意味では、これも「終活」か。

         

         

        **********************************************************

         

         

        終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

         

        http://www.lifeiswonderful.link/

         

        「終活」のご相談、お受けしています。

         

        ご相談はお気軽にどうぞ。

         

        メール:message@lifeiswonderful.link

         

         

        posted by: 立石 浩一 | 終活 | 13:56 | comments(0) | - |
        『 納棺の儀』。
        0

          JUGEMテーマ:葬儀

           

           

           

          先日、江東区にあるライフコミュニティカフェ

           

          「ブルーオーシャンカフェ」で

           

          http://blueoceancafe.tokyo/

           

          「おくりびとはあなた自身 〜 納棺体験」という

           

          セミナーに参加しました。

           

           

          ***********************************************

           

           

          2008年の映画「おくりびと」、

           

          そして2009年米アカデミー賞外国語映画賞受賞で

           

          一躍有名になった「納棺師」。

           

           

          ***********************************************

           

          ぼくは、ブログをいくつか書いていますが、

           

          「わくわくお仕事@学交」というブログでは、

           

          「仕事」という視点で書きました。

           

          http://tamagakkou.jugem.jp/

           

          この「ときめき ♪ 終活ぐらし」では、

           

          「終活」という視点で書こうと思っています。

           

           

          ***********************************************

           

          葬儀の簡略化・直葬の増加という話題が

           

          よく出るようになりましたが、

           

          今回のブログでは、葬儀自体にはあまり触れず、

           

          「納棺の儀」(納棺式)だけにスポットを当てようと思います。

           

          ***********************************************

           

           

           

          病院(たいていの場合)で亡くなり、

           

          葬儀社の安置室(たいていの場合)に運ばれる。

           

          寝巻きから白装束に着替え、

           

          顔の毛をそり、冥土への旅支度を調え、

           

          家族の手で「棺に納める」。

           

           

          「納棺師」の手により、

           

          次第に「仏さま」に姿を変わっていくのを

           

          目の前で見届けると

           

          亡くなった家族への想いも同様に

           

          変わっていくことでしょう。

           

           

          ただ、葬儀も含め、

           

          この「納棺の儀」で

           

          「故人の死を受容」できるはずはありません。

           

          しかし、「死を認識」する役割を

           

          多少なりともしていると思っています。

           

          ぼくの父の場合も「納棺の儀」を行いました。

           

          葬儀社の担当の方が執り行ったが、

           

          「納棺師」の行うものよりも簡易なものでした。

           

          それでも、意義あることでした。

           

          ただ、「死を認識」する助けとなるようにするには、

           

          できるだけ、簡易なものではなく、

           

          「納棺師」の手で執り行ったほうが、

           

          より心に残る「お別れ」ができると、

           

          この「納棺体験」のセミナーで思いました。

           

          ******************************************

           

          「納棺の儀」は、本当の意味で

           

          故人と家族のお別れの儀式。

           

          葬儀のときも棺に入れることができますが、

           

          この「納棺の儀」に入れたいもの。

           

          遺された家族の想い。

           

          また、「これを入れてほしい」という自分の想い。

           

          自分の想いは、

           

          「エンディングノート」などに書き記して

           

          おくのがよいでしょうね。

           

          **********************************************************

           

           

          終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

           

          http://www.lifeiswonderful.link/

           

          「終活」のご相談、お受けしています。

           

          ご相談はお気軽にどうぞ。

           

          メール:message@lifeiswonderful.link

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          posted by: 立石 浩一 | お葬式 | 23:52 | comments(0) | - |
          『 エンディングノートを書こう!』ブログセミナー 〜 その2
          0

             

             

             

            これが、ぼくの「エンディングノート」。

             

            『 MIDORI の TRAVELER'S notebook 』。

             

             

            *******************************************************

             

             

            書き方がわからない、

             

            何を書いたらいいのかわからない。

             

            そういうご相談をよくいただきます。

             

            そこで、

             

            まずは、「エンディングノーット」って、なに?

             

            からはじめてみましょう。

             

             

            *******************************************************

             

             

            「エンディングノート」とは、

             

            「伝えたい人に、自分の想いを書き記し、遺すためのノート」

             

            なんです。

             

             

            *******************************************************

             

            「エンディングノート」と似たものが2つあります。

             

            1.「日記」

             

              日記は、自分の想いを密かに書き記しますが、

             

                  ひとに読んでもらうものではありません。

              

              「エンディングノート」は、

             

              ひとに読んでもらうために書き記します。

             

              大きな違いですね。

             

            2.「遺言書」

             

              遺言書は、民法上、書式があって、

             

              書き記すことで、「法的効力」を有することができます。

             

              「エンディングノート」は、たとえ書き記したとしても、

             

              法的効力はないので、遺されたひとは、

             

              その希望どおりにしなくてもよいのです。

             

              つまり、書き遺しても希望通りには

             

              いかないこともあるということ。

             

             

            この2つを押えておきましょう。

             

             

            ***********************************************************

             

            つぎに、「何を書き記すの?」です。

             

            大きく分けて4つあります。

             

            1.自分自身のこと

             

            2、伝え遺すべき自分の情報

             

            3.自分自身で意思表示ができなくなった場合の自分の希望

             

            4.自分の想い(ひとへのメッセージ)

             

             

            この4つに沿って、書いていけば、

             

            おのずから「エンディングノート」はできあがります。

             

            この4つについては、くわしくは、

             

            つぎのブログ以降で触れていきたいと思います。

             

             

               

            **********************************************************

             

            漠然と「エンディングノート」、といっても、

             

            いざ書こうとするとわからないものです。

             

            「エンディングノート」の役割を理解すると

             

            ずいぶん書きやすくなるんですよね。

             

            次回以降で、

             

            もっと、わかりやすく、楽しく、

             

            書ける情報をお伝えしますね。

             

             

            **********************************************************

             

             

            終活トータルコーディネート 『ライフ・イズ・ワンダフル』

             

            http://www.lifeiswonderful.link/

             

            「エンディングノートの書き方」をサポートしています。

             

            ご相談はお気軽にどうぞ。

             

            メール:message@lifeiswonderful.link

             

            posted by: 立石 浩一 | エンディングノート | 09:05 | comments(0) | - |